生活習慣病の予防作用に効果。茶葉で飲むお茶の栄養面「茶葉で出したお茶はとっても健康的」

ペットボトルと茶葉の比較:実際に入れたお茶とペットボトルのお茶にはどんな違いがあるかを比較しました。まずは、価格の比較。茶葉で入れるとこんなに安い「500mlが約25円」。つぎに栄養面の比較。テアニン・タンニン等が多く含まれ 生活習慣病予防作用があります。最後に、手間の比較。茶葉から入れる事は、実はそんなに大変な事ではないのです

生活習慣病予防に作用する茶葉で入れて飲むお茶

茶葉で入れたお茶には栄養がたくさん入っています。また風味も多く含んでいます。
通常のペットボトルのお茶と、茶葉で入れたお茶には栄養面で大きく違いがあります。
カテキンは約2倍・カフェインは約3倍・カリウム約3倍・テアニンは約4倍となっています。
生活習慣病に予防作用があり、とても健康的です。

風味を残し、健康的な葉っぱ。葉っぱで入れると栄養分がたくさん含まれています!カテキン・カフェイン・カリウム・テアニン。茶葉にはこれだけの栄養分がペットボトルのお茶に比べて約2〜4倍

茶葉で入れたお茶に含まれる栄養分

◆カテキンについて
カテキンは動脈硬化や高血圧の予防に効果があると一般的に言われています。
善玉コレステロールが増えるため、血液が綺麗になります。
また、抗酸化力があるので、がんの予防作用があると言われています。
その他には、インフルエンザの予防や体脂肪を燃焼させてダイエット効果が期待出来る作用があり、とても優れものです。

◆カフェインについて
カフェインは脳を活性化させ、目がさえる効果があり疲労回復の効果があると言われています。 ちょっとした気分転換にお茶を飲むと良いと言われるのは、この為です。 また利尿作用があり、尿の排泄を促す効果があります。
◆カリウムについて
カリウムが少なくなると高血圧の原因となります。 過剰摂取されたナトリウム(食塩)を尿にして体外に排出する作用がありますので、 塩分を多く摂取された方にはカリウムを摂取する事が望ましいと言われています。
◆テアニンについて
テアニンには緑茶の旨味成分があると言われています。
テアニンを摂取すると、血液に送り込まれた後に脳に運ばれます。 脳内で作用するので、リラックス効果があるといわれています。 また睡眠の質が良くなる作用も報告されています。