北九州のお茶屋還暦祝いお茶の通販玉露煎茶緑茶父の日母の日のプレゼント敬老の日プレゼントお茶漬けレシピ門司区

お茶の効能 保存方法 美味しい出し方 入れ方・マナー
お茶の種類 お茶のアイデア お茶ってなあに? お茶の産地

おいしい出し方

  • 種類別品質特製の違いを知る。
  • 水は一度沸騰させる。
  • 茶葉と湯の分量・湯温を加減する。
  • 浸出時間を調節する。
  • 濃度と湯量を均等に注ぎ分け、最後の一滴まで絞りきります。

おいしいお茶を出す基準表

玉露(上)
玉露(並)
煎茶(上)
煎茶(並)
番茶
ほうじ茶
1人分

茶葉3.3g
(大さじ1杯)
湯20cc

出来上がり
12cc

茶葉3.3g
(大さじ1杯)
湯20cc

出来上がり
13cc

茶葉2g
(大さじ8分目)
湯50cc

出来上がり
30cc

茶葉2g
(大さじ1杯)
湯90cc

出来上がり
80cc

茶葉3g
(大さじ山盛1杯)
湯130cc

出来上がり
120cc

茶葉3g
(大さじ山盛1杯)
湯130cc

出来上がり
120cc

3人分

茶葉10g
(大さじ2杯)
湯60cc

出来上がり
36cc

茶葉10g
(大さじ2杯)
湯60cc

出来上がり
39cc

茶葉6g
(大さじ軽く2杯)
湯150cc

出来上がり
90cc

茶葉9g
(大さじ3杯)
湯270cc

出来上がり
240cc
(3人〜5人分)

茶葉9g
(大さじ山盛3杯)
湯390cc

出来上がり
360cc
(3人〜5人分)

茶葉9g
(大さじ山盛3杯)
湯390cc

出来上がり
360cc
(3人〜5人分)

湯の温度
50度
60度
70度
90度
100度(熱湯)
100度(熱湯)
浸出温度
2分30秒
2分
2分
1分
30秒
30秒
茶温
35度
40度
50度
65度
75度
75度
備考
品質の良い物程、湯の温度を低くする。甘味はアミノ酸に基づき、この甘味を飲むのが玉露である。アミノ酸は低温でも溶け、このうま味、甘味と渋味を調和させるのにコツがいる。
煎茶は爽やかさが身上である。上級品は若芽の新鮮な香りがあり、味も濃厚でうま味も多い並級品は渋味や苦味が多いので、薄めに出して大量に飲む茶である
硬化した葉茎が原料で含有成分が少ない為、熱湯を注いでも良く、早く浸出する方が良い
番茶やほうじ茶をぬるい湯で入れると、香りも引き立たなく、味も薄くて頂けない